見出しタグ-Semaltエキスパートからのヒント



見出しタグは、ユーザーと検索エンジンの両方がWebページのコンテンツをよりよく読んで理解するのに役立ちます。たとえば、運転中の道標と見なされるものに取って代わります。これにより、読者はWebサイトにアクセスしているときに道路をナビゲートしやすくなり、発生する前に何を期待できるかがわかります。

見出しを使用するときは、コンテンツのどの部分が重要であるかも指摘し、テキスト全体でそれらがどのように相互接続されているかを示します。

ヘッダーがいかに重要であるかを考慮して、見出しを使用し、コンテンツの読みやすさを効果的に向上させるためのいくつかのポインターが必要であると考えました。

なぜ見出しを使用するのですか?

見出しを使用してテキスト構造を示します。

見出しは、テキスト全体で標識または信号として機能します。これらは、コンテンツのセクションに含まれている情報を示します。ヘッダーがないと、コンテンツに含まれる目的や情報について人々は無知になります。

3,000語の記事を読むことは、私たちが行うことはほとんどありません。情報を検索してWebサイトを見つけるときは、スキャンしてどのセクションが最も役立つかを見つけることを好みます。ヘッダーのおかげで、読者はコンテンツをすばやく確認し、テキスト全体が何について議論しているのかを知ることができます。ヘッダーがないと、読者には大きな情報ブロックが残り、何が含まれているのかわかりません。このようなテキストの読み取りとスキャンも非常に困難になります。

Webコンテンツでは、見出しが有益であり、読者のニーズに直接対応していることを確認することをお勧めします。これに対する別のアプローチは、あなたの手で聴衆をからかうことです。あなたはそれを使ってあなたの聴衆を誘惑し、彼らにさらに読んでもらいます。ただし、見出しの主な焦点はコンテンツにあるべきであり、これらの見出しの主な目的はテキストを読みやすく、消化しやすくすることであることを常に覚えておくのが最善です。

見出しを使用するときは、これら2つの点に注意してください。まず、見出しの下の段落はコアセンテンスで始まる必要があり、それが次に詳しく説明されます。すでにコンテンツを作成しているが、見出しを含めるようにコンテンツを再構築する必要がある場合は、その段落の最初の文にその見出しの重要な情報が含まれていることを確認してください。次に、セクション内の情報構造と、これらの段落を介した情報の移行フローを考慮する必要があります。あなたはもっと読むことができます 高品質のテキスト構造。

見出しを使用してコンテンツのアクセシビリティを向上させる

見出しの構造は、特に画面で読むのが難しいと感じる個人にとって、Webサイトのアクセシビリティを改善するのに大いに役立ちます。見出しはHTMLであるため、スクリーンリーダーは記事の構造をすばやく理解し、適切に読むことができます。

記事の読みの見出しを発声することで、ある種の困難に苦しむユーザーは、コンテンツに必要な情報が含まれているかどうかをすばやく判断できます。また、スクリーンリーダーは、テキストのあるセクションから別のセクションにジャンプする必要があります。見出しは、スクリーンリーダーがジャンプできる境界を作成するものです。

アクセシビリティの向上は通常、SEOの向上につながることを忘れないでください。

見出しを使用してSEOを改善する

見出しの使用方法がSEOに直接的な影響を与えないことに同意しました。これは、個々の見出しを微調整することを意味しますが、パフォーマンスに役立たない可能性があります。ただし、テキスト全体で見出しを使用することで、多くの間接的なメリットを得ることができます。見出しを使用すると、読みやすい高品質のテキストが作成されます。ユーザーにとってより良いテキストを持つことは、SEOにとってより良いことを私たちは知っています。

あなたが訪問者が彼らが探しているものを素早く見つけることを可能にするとき、彼らはより長く滞在してあなたのウェブサイトを推薦する可能性が高くなります。しかし、彼らがあなたのコンテンツをナビゲートするのが難しいと感じるとき、彼らはおそらくあなたのサイトを離れて、良い構造のサイトで情報を探すでしょう。これが、見出しがSEO戦略に影響を与える理由の1つです。検索エンジンは直帰時間を監視し、直帰率が高いことに気付いた場合、検索エンジンは、読者が必要とする情報がWebサイトにないと想定します。この場合、見出しを使用していないという正しい情報しか持っていない可能性があるため、これは当てはまりません。その結果、あなたのウェブサイトはより低い評価を受けます。

見出しを選択するときは、常に読者のニーズを最優先してください。これらの見出しを使用して、コンテンツに構造とシグナルを追加し、各セクションで説明されている内容を説明します。見出しを使用して、コンテンツに含まれている情報を読者に通知することで、Googleが理解するのにも役立ちます。

見出しを効果的に使用する方法

見出しの使用が不可欠である理由がわかったので、次の課題は見出しの使用方法を知ることです。これには2つのアプローチがあります。 1つ目は、見出しを適切に構成する必要があることです。2つ目は、見出しに重要なフレーズや単語を含める必要があることです。どちらの場合も、YoastSEOを利用して支援することができます。 WordPressを使用すると、読みやすさの分析で見出しがどの程度分散されているかを確認できます。 SEO分析では、見出しでキーフレーズをどの程度使用したかを確認することもできます。

見出しを構成する

HTML見出しタグを使用する場合、2つの異なるルールセットがあります。古典的なアプローチ(HTML4標準から)と「現代的な」アプローチ(HTML5標準から)。
WordPressでの記事の編集に精通している場合は、テキストエディターにさまざまな「レベル」の見出しが表示されるはずです。これらの見出しの範囲は、「見出し1」(最大で最も太字)から「見出し6」(最小)までです。
見出しを使用する場合、通常、ページまたは記事の最初の見出しとして見出し1(H1)を使用します。他のレベルは、使用の階層に応じて小見出しまたは小見出しとして使用します。たとえば、H2はH4よりも大きく、重要です。 HTML形式では、これらの見出しは `<h1>`から `<h6>`の見出しタグに変換されます。
これが、見出しとコンテンツの構造化について説明するときに、基礎となるHTMLコードである見出しタグの使用について説明する理由です。

各ページで使用できるH1は1つだけであり、ページまたは投稿の名前またはタイトルである必要があることに注意してください。たとえば、このページでは、 「強い信号を送る見出しタグ。」 適切なH!を取得するには、本に名前を付けることを考えるのと同じように考えることができます。カテゴリページを表示している場合は、H1がそのカテゴリの名前になり、製品ページを表示している場合は、H1がその製品の名前になります。

コンテンツが展開されると、H2およびH3見出しタグを小見出しとして使用して、コンテンツのさまざまなセクションを紹介できます。 「見出しセクションを使用する理由」 セクションまたは 「見出しの構成」 あなたが現在読んでいるセクション。 H2の見出しを使いやすくするために、本に章を割り当てることと考えることができます。次に、H3タグ、次にH4タグなどを使用して、これらの章を小さなビットに分割できます。

ただし、単純化しすぎないようにしてください。これは、H4などの深いサブトピックを記事に強制しないことを意味します。多くの場合、長いコンテンツや技術的なコンテンツを書く場合を除いて、記事をそれほど深く掘り下げる必要はありません。

見出し構造の例

SEOトラフィックに関するブログ投稿があるとしましょう。フォーカスキーワードとして「SEOトラフィック」を選択しました。SEOトラフィックがWebサイトに不可欠であるすべての理由についての記事があります。見出しがないと、ぶらぶらしているように見える長い作品を書くリスクがありますが、理解するのは簡単ではありません。ただし、見出しを使用してコンテンツを論理的に構造化する場合は、読みやすくするだけではありません。文章をより集中させることができます。
その投稿の構造は次のようになります。
  • H1:SEOは素晴らしいです
    • H2:SEOが素晴らしいと思う理由
      • H3:SEOはキーワードだけではありません!
      • H3:SEOを使用してSERPランキングを向上させる
      • H3:あなたが思っているよりも安いかもしれません
    • H2:SEOとキーワードの使い方は?
      • H3:10の最高のキーワード戦略
      • H3:使用 セマルト お気に入りのSEOショップとして
この例では、トピックの説明でH2タグとH3タグを使用して論理構造を作成する方法を確認できます。これと同じロジックが、Webサイト全体で使用されているものです。

これは、中程度の長さの記事で見出しをどのように使用するかを示す優れた例です。短い記事では、情報のビットが小さいため、見出しタグを少なくする必要があります。長いテキストでは、大きなビットや情報を分類するために、見出しを多く使用する必要があります。

あなたの見出しタグはグーグルとあなたの聴衆の両方に強い信号を送ります。見出しや見出しの配布が不十分な場合、訪問者はすぐに興味を失ってしまうため、Webサイトは訪問者を読者に変えることができなくなります。ただし、強い見出しを持つことは、訪問者がそのような見出しの下の情報を読むことができるため、有利です。